今よりも、もっともっと良い未来へ

MarineManagerは、スマート水産業へ向け加速される漁業事業者様を支援するサービスの総称です。

数十年後も日本の海に
大漁旗が翻るように

いま、日本の漁業は正念場をむかえています。漁師の高齢化・後継者不足に資源減少…
直面している課題はどれも解決が急がれるものばかり。

そこでNJCは、最新のIT技術と「人」中心のビジネスデザインを武器に、
スマート水産業の推進、ひいては漁業の持続発展を支援します。

漁協向け業務システムの販売から数十年、海で陸で、それぞれの持場でたたかう漁業関係者を支えるサービスとして「Marine Manager」がスタートしました。

Sustainable

海洋資源を守り持続可能な漁業を

Ethical

次世代へ引き継がれる漁業を

Beneficial

稼げる漁業を

漁業者の勘と経験を
デジタルで支援する

NJCでは長年にわたり、
北海道内約 9割の漁業協同組合様に業務システムを提供してまいりました。
日々、漁協職員や漁師のみなさまとの対話で実感するのは、
漁業存続のための知恵が漁業者の勘と経験につまっている、ということです。
その知恵を、漁業に関わる人々や今後を担う人材と共有することで、
現在と未来双方の漁業をより良く・より確実なものにしていきたい。
そんな思いから、漁業者の勘と経験を支える新たなサービスが生まれました。

漁業協同組合の3つの機能とMarine Managerサービス
漁場作成 | スマート水産業を漁業者のために | MarineManager(マリンマネージャー)

道具として愛着を持っていただくような
サービスをデザイン

地図サービスを漁具の一つに

養殖施設の位置や共有したい場所 −定置網の設置場所や岩場といった、航行時に注意すべきポイントなどを、地図上に描画・記録できます。
さらに海況情報や操業軌跡を重ねることで、漁に出る際の判断や船の行き先決定を支援します。 利用に必要なのは Gsuiteアカウントのみ。組織内で権限設定をすることで、必要な相手と地図上の情報を共有できます。

機能を詳しく見る

お知らせ

【終了】Marine Manager ウェブサイトメンテナンスのお知らせ

【終了】Marine Manager ウェブサイトメンテナンスのお知らせ

2020年10月23日付でお知らせしておりました、本ウェブサイトのメンテナンスは予定通り終了いたしました。メンテナンス中はご不便をおかけいたしました。現在は、通常通りご利用いただけます。今後ともご利用のほどよろしくお願い申し上げます。

マガジン

2020.12.17

【みなと新聞】スマートに 水産新時代へ! 生産、加工・流通も効率化 日本でも進むICT活用 資源管理も生産性アップも 『スマート水産業特集』

政府は現在、情報通信技術(ICT)やモノのインターネット(IoT)など先端技術を活用した「スマート水産業」の実現を目指している。一口にICTと言っても活用方法は多様。水産のあらゆる場面への応用が考えられる。水産業のスマート化の現状や今後の可能性、実装に向けた課題・対策をひもといていく。

2020.12.17

【みなと新聞】水産庁の施策 全漁業デジタル化へ行程表 27年目標にデータ収集体制整備 『スマート水産業特集』

水産庁はスマート水産業の実装に向け、具体的な目標を掲げている。昨年3月に公表したロードマップによると、2027年までにデータ収集・活用のシステムを構築し、全国の主要な漁業・養殖業現場の全てで生産活動をデジタル化。有用魚種の水揚量を電子的に把握し、資源や環境の評価・管理、操業や流通の効率化、水産物の付加価値化につなげる。実装に向けた課題については、外部の識者らを招いて協議を続けている。

2020.11.30

【みなと新聞】資源減少究明に科学のメスを「法制改革の印象」国と温度差【連載】若手・中堅漁業者に聞く!未来へのホンネ〈1〉

1日、改正漁業法が施行される。政府はこれで科学的根拠に基づく漁業管理を強める方針。狙いは魚介の資源を増やし、落ち込んだ漁獲量や漁獲額を回復させることだ。本紙は、未来を担う若手・中堅漁業者の反応をアンケートとインタビューを通じ調査。

2020.10.28

【みなと新聞】日本事務器 環境データで漁獲量予測【連載】スマート化が開く水産の未来〈12〉

情報通信技術(ICT)など新しい技術を生かし持続的に成長できる「スマート水産業」。その先駆事例を紹介するのが本連載だ。12回目の今回は、情報システムサービス大手の日本事務器(東京都渋谷区)事業戦略本部バーチカルソリューション企画部の和泉雅博シニアマーケッターに話を聞いた。

サービスや事業についての資料をダウンロードや、お問い合わせはこちらから。