SHARE

SCROLL

scroll
about image
about image
About MarineManager

いま、日本の漁業は正念場をむかえています。漁師の高齢化・後継者不足に資源減少…
直面している課題はどれも解決が急がれるものばかり。

そこでNJCは、最新のIT技術と「人」中心のビジネスデザインを武器に、スマート水産業の推進、ひいては漁業の持続発展を支援します。

漁協向け業務システムの販売から数十年、海で陸で、それぞれの持場でたたかう漁業関係者を支えるサービスとして「MarineManager」がスタートしました。

Why Smart Fisheries?

ICTやIoTの利用により科学的な資源管理へ

デジタルテクノロジーにより、データを集める・残し繋げる・分析するというフル活用にて、科学的な水産資源の管理を行っていく

水産業の成長産業化をめざし持続的な漁業へ

水産業の成長産業化を目指し、デジタルテクノロジーを活用しながら、地域コミュニティの維持・他分野との協力・効率的な操業や経営、新規ビジネス創出の支援をしていく

solution image
solution image
solution image
solution image
Solution
solution image

地図サービス

安全で安心な船出を支援

養殖施設・定置網の設置場所の位置や岩場など、航行時に注意すべきポイントを地図上に描画・記録できます。さらに海況情報を重ねることで、漁に出る際の判断を支援します。

point image

地図サービス

大切な情報を大切な仲間と共有

地図上に残した情報は、範囲・権限を指定して共有できます。組織内のみで共有することで、漁場の管理だけでなく、さまざまな場面で利用可能です。

point image

地図サービス

複数の情報を1つの地図に

複数の漁場・ブイの情報・海流…すべてを1つの地図で管理できます。 例えばサケの漁場とタラの漁場をそれぞれレイヤーを分けて描写し、必要に応じて2つのレイヤーを重ねて見ることで漁場全体が見渡せます。

point image

データ管理サービス

正確な情報を迅速に

海上に設置されている観測センサーより収集された情報を、地図上に表示できます。海水温の変動や潮流の方向・速度を事前に知ることにより、漁獲をする判断に利用すれば、漁業の効率化を行うことができます。

Users Voice

usersvoice image

記憶に頼っていたけど、
記録するのもいいかもしれない

usersvoice image

沖に出る前に海水温・潮の流れの向き・潮の速さがわかると、無駄な出航が減らせて便利だなぁ

usersvoice image

水温も潮も、半島の先まで見るとこんなに違うものなの!?違うとは聞いていたけど、まさかこんなに・・・!

usersvoice image

記録を続けてみたら、調子が良いときは、こんな時だったというのが分かったんだ

usersvoice image

親方を引き継ぐ時、技術のバトンタッチが不安だったけど、こういうのがあると心強いね

usersvoice image

いつもより網にすっごく魚が入ってる!組合に教えよう!!って時に便利だ!

usersvoice image

今は良くても、いつ何が起きるかわからないから、今のうちに対策しておきたかったんだ

Magazine