SUSTAINABLE
ETHICAL
BENEFICIAL

今よりも、もっともっと良い未来へ

about

MarineManagerは、SDGs(持続可能な開発目標)の理念に共感し、海の豊かさを守ることを目的としたサービスの総称です。

いま、日本の水産業は正念場をむかえています。漁師の高齢化・後継者不足に資源減少…直面している課題はどれも解決が急がれるものばかり。こうした課題を乗り越えるため、スマート水産業はじめデータオープン化に向けた取り組みや、産地から消費地まで皆を巻き込むトレーサビリティ研究など、さまざまな動きが起きています。

数十年後も日本の海に、大漁旗が翻るように。最新のIT技術と「人」中心のビジネスデザインを武器に、NJCも水産業の持続発展を支援します。漁協向け業務システムの販売から数十年、海で陸で、それぞれの持場でたたかう漁業関係者を支えるサービスとして「Marine Manager」がスタートしました。

  • SUSTAINABLE 持続的な
  • ETHICAL 倫理的な
  • BENEFICIAL 有益な

concept

漁業者の勘と経験をデジタルで支援する

海、資源、技術を守ることが漁業の存続につながる。そのための知恵が、漁業者の勘と経験には詰まっています。その知恵を、漁業に関わる人々や今後を担う人材と共有することで、現在と未来双方の漁業をより良く・より確実なものにしていきます。

  • つながる TUNAGARU
  • 売る URU
  • 記録 KIROKU
  • 知る SHIRU
  • 学ぶ MANABU

systems

道具として愛着を持っていただくようなサービスをデザイン

主要な機能

  • - 漁師さんが、代々受け継がれた「良場」や危険と判断した「荒場」を地図にマークし、当事者しか知りえない情報を仲間と共有できる。
  • - その日の漁獲量をはじめとする、さまざまな値やコンディションを記録し、仕切やレポートの閲覧により、次の漁に役立てる。
  • - 地図上に天候情報(オープンデータ)や記録された操業軌跡を重ねることで、漁に出る際の判断や船の行き先決定を支援する。
漁師さんが地図に良場や荒場をマーク
漁の記録を追加編集
漁獲量やコンディションを記録
漁場作成

more

サービスや事業の詳細について、以下のフォームからダウンロードいただけます。また、詳細のお問い合わせも受け付けております。

当社の「個人情報の取り扱いに関するご案内」の利用目的に同意